男女の違いを越えて

仲の良い恋人同士であるからといって、お互いの好き嫌いが必ずしも一致するとは限りません。時には意見が食い違う事もあるでしょう。最終的に同じ意見になったとしても、そこに至るまでのプロセスには様々な妥協や我慢があったのではないでしょうか。元々同じ趣味だったことがきっかけで仲良くなったり、考え方が似ていて親しみを覚えたり、「お互いに一致する部分が多かった」という理由で付き合い始めたカップルがほとんどでしょう。しかし、たまたまそうではなかった場合、二人の意見は食い違ってしまう事の方がむしろ多いはずです。

二人で休日を過ごす時、「映画を観よう」と決めたとしても、女性はロマンチックなラブストーリーが見たいと主張するのに対し、男性はハードなアクション映画を見たいと言い張るかもしれません。「同棲しよう」という話になって、まず部屋の内装を決めようという段階で、女性は細かい部分までこだわり、自分好みの部屋にしたいと張り切っているのに、男性側は「住めればいい、極力シンプルにしたい」と嫌がることもあるでしょう。

そもそも男女という違う生き物ですから、何かと食い違ってしまうものですが、交際している二人が、意見の食い違いをそのまま放置していると、後々トラブルになる恐れもあります。恋人に対して我慢や妥協するのは大人として大切なポイントですが、相手を優先しすぎているとストレスが溜まってしまうでしょう。自分の意見を通してばかりいると、相手が不快になるかもしれません。何事も程々に、自分の好き嫌いと相手の好き嫌いを丁度良いバランスで保つ必要があります。

現在人気の出会いアプリのように、まだお互いをよく知らない人同士でも、まずは自分の好みと相手の好みがどれだけ一致するかを読み取ろうとするものです。アプリ上のやり取りでも、時には自分の意見をはっきり主張し、時には相手の意見を受け入れる努力が必要です。人の好き嫌いはそれぞれですから、相手を否定せず、その中で自分の意思を保っていれば、運命の出会いに繋げられる可能性もあるでしょう。